2012年07月27日

クルアーン読誦9・アブドッラフマーン・アッ=スダイス(サウジアラビア)






 読誦・イマーム:アブドッラフマーン・アッ=スダイス


 読誦箇所:


 1ラクア目・開端章(クルアーン第1章)、至高者章(同第87章)。

 2ラクア目・開端章、不心者たち章(同第109章)。

 3ラクア目・開端章、純正章(同112章)、そしてクヌートのドアー(祈願)


 場所:サウジアラビア、マッカ


 日時:ヒジュラ歴1433年ラマダーン月初日



 ハラーム・モスクの代表的イマーム。その特徴的なクルアーン朗誦は、イスラーム世界に知れ渡っており、一般人にもよく親しまれている。


 どんなムスリムでも、きっと一度は彼の声を聞いたことはあるのではないか。


 見た目・年齢とはアンバランスな、非常に特徴的な高い声。


sds1923.jpg



 もしかすると、現代イスラーム世界で1,2を争う有名人かもしれない。




 僕自身は個人的に、この手の声はあまり好きではないのだが・・・。









読誦者の紹介:

アブドッラフマーン・アッ=スダイス


ヒジュラ暦1382年(西暦1962年)、リヤド生まれ。

法源学博士で、マッカのウンムルクラー大学教授。

1404年より、ハラーム・モスクのイマーム・金曜礼拝説教師。

ハラームモスクと預言者モスクの諸事に関する最高指導局・代表。
http://www.gph.gov.sa/index.cfm?do=cms.conarticle&contentid=9740&categoryid=2

1433年、サウジアラビア国王から大臣と同格の地位を授与される。


彼のサイト:

http://alsudays.com/



ハフスの読誦法による、アッ=スダイスの全クルアーン読誦が聴けるサイト:

http://www.mp3quran.net/sds.html
posted by サイード at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルアーン読誦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。