2012年04月06日

日本企業によるハラールマーク入りインスタント麺



 これは、マディーナの日本人学生から頂いた、ハラールマーク入り「日清」のインスタント焼きそば。

 
4342gh.jpg


 インドネシア製で、ハラールマークも同地の組織のもの。

 
مجلس علماء إندونسيا.jpg


 ちなみにインドネシアは、焼きそばの本場。

 麺の文化を始め焼きそば自体、中国あたりから来たのだろうが、焼きそばはインドネシアの食文化において中国や日本におけるそれよりも大きな地位を占めている。 

 頂き物でこう言うのもなんだが、自分的には、インドネシアの「インドミー社」の焼きそばの方に味の軍配モータースポーツを上げたい。


 こちらは、「明星」のハラールマーク入りインスタント麺。

 
466hsk.jpg


 タイ産だが、「函館海鮮味」。 

 
4238dh.jpg


 これは「サッポロ味噌味」。

 いずれも麺はおいしい。

 しかし、これも頂き物ではあるが、スープの味は東南アジアの現地人(中国系を含む)の味覚にも、日本人の味覚にも合わないのではないか、と思った。

 ただ、自分自身「味噌ラーメン」を恐らく10数年以上は食べていない(ラーメン系は大概豚肉、あるいは豚由来の物が入っている)ので、ひょっとすると僕の味覚がおかしくなっているのかもしれない。

 ちなみに僕は昔から思想的な食事文化について関心があり、高校生の時には一時ベジタリアンだったことがあった(おそらく数ヶ月間のことだったと思う)。 

 そしてムスリムになる約5年前から、ムスリムたちに「豚肉を食うな」と言われ続け、ムスリムでもないのに豚肉を口にしない生活を続けていたのである。
 
 まあそんな彼らも、酒は飲みビール、礼拝もしない、イスラームの教えから程遠い人々だったのだから、変な話だが。

 P.S.マディーナのAさん、ご馳走さまでした!
 
posted by サイード at 15:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 世界のハラールフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。